• 住む街なびトップ
  • 名古屋市
  • 南区
  • 名古屋市南区「笠寺公園」は緑いっぱいで広い!遊ぶも良し!散歩も良し!園内の「名古屋市見晴台考古資料館」で学ぶも良し!
ライター:もちこ チョコミントアイスが好き!
2019.8.22

名古屋市>南区

名古屋市南区「笠寺公園」は緑いっぱいで広い!遊ぶも良し!散歩も良し!園内の「名古屋市見晴台考古資料館」で学ぶも良し!

「笠寺公園」は丘の上の見晴らしの良いところにあり、弥生時代の遺跡もある珍しい公園です。
丘の上は芝生広場や休憩できるベンチがなどがあり、高台なので風がとても気持ちが良い♪
園内の道を下って行くと、遊具のある広場や、バスケットボールの出来るミニスポーツ広場があります。とても広いので公園内を歩くだけでも、良い運動になります。

散歩に最適で、緑も多いのでリフレッシュできると思いますよ!
季節によって桜、シロツメクサ、彼岸花など咲く場所があり、梅林もあるので、定期的に通っても楽しいです♪ここに載せている写真も、様々な季節のものです。

園内には長寿で有名になった双子姉妹、“きんさんぎんさんの桜の木と記念碑”があります。
きんさんぎんさんは令和になる直前の、平成を振り返る番組でよくピックアップされていましたね。
平成12年に南区役所敷地内に植樹された淡墨桜ですが、より多くの人に“健康と長寿”に親しんでもらうため、平成25年に移植されたようです。生前お二人は名古屋市南区にお住まいでした。

笠寺公園の遺跡についても少しご紹介します。
ここには太平洋戦争中に使用された高射砲の砲台跡などが残っています。

“見晴台遺跡”は南区見晴町から笠寺公園周辺に広がっており、約2万年前の旧石器時代の角錐状石器や、縄文時代の土器や木の実の貯蔵穴、弥生時代の墓地や住居跡などが出土しているそう。
園内にある「名古屋市見晴台考古資料館」では、遺跡に関する資料の収集、調査研究、出土した遺物が展示されています。

遺構を元に復元された竪穴住居が見られる“住居跡観察舎”もありますよ。
その中がこちら。

リアルに再現されています。私が小学生か中学生の頃、学校から見学に行った記憶があったのですが、入った瞬間、中にいるマネキンにちょっとびっくり…!そういえば、前もいたいた!
久しぶりに訪れたので、懐かしく感じました。
遊べて、散歩ができて、緑も多く、勉強もできるこの公園、オススメですよ!

【笠寺公園】
住所:名古屋市南区見晴町47
【名古屋市見晴台考古資料館】
開館時間:9:15~17:00
入館料:無料
休館日:毎週月曜日(休日にあたるときはその翌平日)、毎月第4火曜日(休日を除く)、年末年始(12月29日から1月3日)
駐車場:21台(うち1台は身障者用)、無料
※HPより【2019年8月時点】

MORE TOPICS

住みたい街の記事を見る

エリアから読みたい記事を探す

#タグ一覧

タグから気になる記事を探す