• 住む街なびトップ
  • 愛知県
  • 豊橋市
  • 動物と近くで触れ合えて子どもが大喜び!動物園・植物園・遊園地・博物館が一緒になっている「豊橋総合動植物公園(のんほいぱーく)」
ライター:カレー 豊橋が一番!!
2019.4.27

愛知県>豊橋市

動物と近くで触れ合えて子どもが大喜び!動物園・植物園・遊園地・博物館が一緒になっている「豊橋総合動植物公園(のんほいぱーく)」

思いきり遊べて、動物にも触れ合える所・・・と考えて、「のんほいぱーく」に行ってきました。
前回は動物園から回り、遊園地に着いた頃には疲れてしまっていたので、今回は遊園地からスタートすることに。

中央門から入って遊園地に行く途中、博物館があります。
ここの恐竜は大きくて本格的!
迫力満点な恐竜のオブジェや滑り台があり、この時点で子どもたちは大はしゃぎです♪

やっと、遊園地に到着!
遊園地から行かれる方は、東門の駐車場に停めた方が行きやすいかもしれません。

写真は観覧車からの風景。
ジェットコースターや観覧車・メリーゴーランド・ゴーカートなど大抵のものは揃っています。
遊園地だけでも広大な敷地。
写真の左側に動物園が広がっています。

遊園地から動物園に向かって最初に会えるのが、顔の模様が特徴的なマンドリル。
お食事中にお邪魔してしまったからなのか、この後ガラスを叩いて怒っていました・・・。
こんな経験初めて!
マンドリルには申し訳なかったですが、すっごい迫力で楽しかったです!

この日は見れなかったのですが、
人気なのが、「ホッキョクグマのダイビング」。
のんほいぱーくで生活している、ホッキョクグマのクッキーちゃん。
日本の気候に慣れてしまったので、冷たい水は苦手らしく、
寒い季節はあまり水に入ってくれないという可愛い一面も♡
エサの時間(11時と14時30分)は、運が良ければプールへのダイブを見る事ができるかもしれないですよ。
ぜひその時間を狙って極地動物館エリアに行ってみてくださいね♪

同じく極地動物館エリアにいる「ゴマフアザラシ」。
円柱の水槽と大きな水槽を行ったり来たり。
ゴマフアザラシが気持ちよさそうに泳ぐ姿が間近で見れるんです。
大人も子どもも時間を忘れて、釘づけになっちゃいますね!

他にもカバやパタスザル

カンガルー、ワラビー、エミューなど、オーストラリアに棲息する動物が生活するエリアも。

カンガルーにエサやり!
楽しそう~♡

ウサギやモルモットとのふれあい広場があったり、
ヤギやカピバラにエサをあげることもできます。
※ふれあい広場: 10時00分~11時45分、13時20分~15時30分
※エサ:ヤギ・ヒツジ・アヒル(100円)、カピバラ・ミニブタ(200円)
時間:10時00分~11時45分、13時20分~15時30分

土日祝日は馬に乗ることもできますよ!
(11:00~小学生未満100円、13:30~小学生30名200円)

動物園は、子どもの目線でも見やすいように色々と工夫されている印象でした。
目いっぱい動物と触れ合えて、1日では回りきれないくらい、魅力が詰まった「のんほいぱーく」。
小さいお子さんはもちろん、大人もはしゃいでしまう楽しい施設ですよ♪

【豊橋総合動植物公園(のんほいぱーく)】
●住所:豊橋市大岩町字大穴1-238
●電話:0532-41-2185
●開園時間:午前9時~午後4時30分 *入園は4時までです。
※時期やイベント開催などにより開園時間が変更となる場合があります。
●休園日:毎週月曜日
(その日が祝日及び振替え休日の場合は翌平日)
12月29日~1月1日
●入園料:大人600円、小中学生・市内在住70歳以上100円、未就学児無料
●駐車場料金:普通車200円/中・大型車400円
※HPより【2019年4月時点】

MORE TOPICS

住みたい街の記事を見る

エリアから読みたい記事を探す

#タグ一覧

タグから気になる記事を探す