ライター:だいふく お参り好きです
2019.4.14

愛知県>日進市

鬼才・浅野祥雲が送るシュールなコンクリート像のテーマパーク!日進市の宗教公園『五色園』

皆さんはかの有名な浅野祥雲さんを知っているでしょうか?
上の写真のような臨場感のあるシュールなコンクリート像を作成していた職人さんです。
岐阜県出身なのですが、愛知県のあたりにいくつか作品が残っています。
その代表ともいえるのが今回ご紹介する「五色園」です。

桜も満開なこの時期に行くことをオススメします。ちなみに写真は4/11に撮ったものです。人形と肩を並べてお花見するのも乙かもしれませんよ。

このお坊さんは遅刻でもしたのでしょうか?
凄い形相です。
2枚目は頭だけ写りこんでしまいました。
この写真だけ見ると気味が悪いですね笑。

コンクリート像は園内各所に点在しています。
その数なんと約100体!
是非すべての人形を見ていってほしいです。
でも分かりづらい場所にあったりするので一度に回りきるのは難しいかもしれません。

不気味な像が意味もなく並べられている訳ではなく、
仏教にまつわる逸話を像で再現しているのです。
なのでちゃんとどういう場面なのかを説明されているところもあります。
こちらは「月見の宴」という場面を描いたものらしいです。
詳しい説明は現地でご確認ください笑。

この季節の見どころは人形だけではありません。
このように園内にはお花見スポットがちらほらあります。
遊具もあるので小さなお子さんと一緒に来ても安心です。

お墓の向かいにあるのはこちらの像。「日野座衛門門前石枕」という題名です。
お寺の前で石を枕にして念仏を唱えながら眠る親鸞とその弟子たちを再現したものだそうです。
ちなみに元になった話では吹雪の中でこのように寝ていたそうです。
辛そうですね。

こちらは有名な「肉付きの面」のワンシーンを再現したもの。
手前の女の人は鬼に驚き逃げようとしているようです。
鬼の衣装が派手だったせいで、カブキロックスみたいだなと私は思いました笑

こちらは「夜盗耳四郎聞法の場」という題名。
耳治郎という夜盗が、改心し念仏を唱える功徳の大きさに気付くという話です。
これは、お坊さんたちの話を聞いているところ。いかにも、聞き耳立ててます!というポーズです笑

この右側の男も耳治郎。自分が悪人であることを告白し、改心中でしょうか…。
神明な顔でお坊さんの話を聞いています。
この表情はコンクリート像でないと表現できないかもしれませんね。

!?なぜか仏様が殺されそうになっています!怖い怖い!

念仏を唱えるようになった耳治郎に怒った夜盗仲間が、寝ている最中に暗殺しようとすると、耳治郎の姿がいつのまにか金色の仏様の姿に変わっていたという場面です。
そんなお話だったんですね…。

というわけで、これも耳治郎でした。気になる方はぜひ五色園へ笑。

犬山の「桃太郎神社」にも同じ浅野祥雲さんの作品があります。
そちらの記事もあるので気になる方は見てみてくださいね!

【五色園】
住所:日進市岩藤町一ノ廻間932番地31
電話番号:0561-72-0006
開園時間:8時~17時まで
※HPより【2019年4月時点】

MORE TOPICS

住みたい街の記事を見る

エリアから読みたい記事を探す